プロミスの返済に遅れてしまった場合のペナルティについて

プロミスのキャッシングは、利用限度額に応じて、必要なときに何度でもお金を借りることができるサービスですので、非常に便利で人気のあるものとなっています。

しかし、「借りたお金を約束通り返済する」という、当然のルールが尊重されますので、返済に遅れてしまったときには、「遅延利息」というペナルティが課されてしまいます。

悪徳といわれる貸金業者ほど、この遅延利息は高くなる傾向にありますが、プロミスの遅延利息は「年20%」で計算されるものになります。

たとえば、プロミスの借入残高が5万円残っている場合で、返済日から1週間遅れて入金した場合の遅延利息は、いくらになるのかを計算してみます。

利息の計算方法は、「(残高)×(利率)×(日数)÷365」で求めることができますので、

5万円×0.2×7÷365=191円

の遅延利息がかかってしまいます。

この金額を見て「たかが191円」と感じてしまうかもしれませんが、この191円だけでなく「自分の信用」も失ってしまうことになります。

返済に遅れたときの金銭的なデメリット(遅延利息)は少ないと感じても、便利なプロミスのサービスを利用し続ける上で、信用は大切にするようにしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>