住宅ローンを借りる際に必要な諸経費

住宅ローンを借りる際には様々な諸費用がかかります。その代表的なものは、保証会社に支払う保証料、不動産担保の登記費用、金銭消費貸借契約書の印紙代です。銀行の子会社である保証会社が保証する仕組みになっているのは、ほとんどの銀行に共通しています。不動産担保の登記に必要な費用には、法務局に支払う費用に加えて司法書士の報酬があります。これらの費用は住宅ローンの借入金額に上乗せして借りることも可能になっている銀行が多いようですが、返済負担のことも考慮すると自己資金で賄う方が得策であると言えます。また、この諸費用は保証料を除いてはどこの銀行でも共通の金額になります。保証料だけは銀行によって違っており、ネット系の銀行などでは保証料が不要なところもあります。また、銀行によっては住宅ローンの取扱手数料が必要となる場合もありますので、その点は注意したいです。手数料などは銀行のホームページで開示されていますので参考にしたいです。

年収1/3以上借りたい方専用!【※総量規制対象外金融会社とは?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>